本日はポン円を決済し、新たにポン円ショート。

GBPJPY

4H足

まずは決済理由。朝の段階で4H足に2度同じ値付近で下ヒゲがついていて、上に弾き返している。ここを理由に決済。

15分足

次に新たにポン円ショート理由。
15分足で見ると上の赤いラインに届く前に一度長い上ひげをつけている。
そもそも下降トレンドであることと、一度戻している上ひげが長いので、このラインは簡単に超えないと考え、ショート。

現在ポジションをプラス。
今週は今の所-40pips。

GBPJPYのシナリオを考える

  1. 赤いラインと水色のライン(もしくは最安値)の間でレンジ
  2. 水色のラインをわり、さらに最安値を更新して、下降トレンド継続。
  3. 赤いラインを超えて、133円を超えて、上昇に転じる。

まだ(3)の確率は低いと思うが、ここまで下落していたら、いつ上がるかと疑心暗鬼になっているだろうから、多くの人が試しに買っている人がいるんだろうなと考えてみる。
(1)→(2)の流れがまぁ自然とは思いつつ、この記事を書きながら、ポン円は落ちている。。
ただ昨日まで3本連続の陰線で、結構落ちているので今日は小休止かな?ぐらいの気持ち。
何度もトレンドに逆らうポジションを持って痛い目にあっているので、トレンドに逆らわずにショート狙いでいく。