cssの小技の紹介です。
スクロールバーを非表示にしたいときに役立つ小技です。

webkit系のみと、他のブラウザにも対応した2通りの方法を紹介しています。

次のcodepenの埋め込みをfirefoxで見ると、「webkit系のみ」と書かれたほうだけスクロールバーが出てきます。

See the Pen scrollbar hide by takblog (@blanks-site) on CodePen.

webkit系のみ

webkit系のみだと非常に簡単です。スクロールバーを非表示にした要素にちょっとだけcssを書き足すだけで済みます。
以下が例です。

html

<div class="box">
  <!-- コンテンツ -->
</div>

css

.box{
  height: 100px;
  overflow-y: scroll;
  -webkit-overflow-scrolling: touch;
  overflow-scrolling: touch;
}
.box::-webkit-scrollbar {
  display: none;
}

要素::-webkit-scrollbar { display: none; }
と書けば、スクロールバーが非表示になってくれます。

便利です!でもwebkit系以外には効かないので、残念です。

overflow-scrolling: touch; はタッチデバイスのときにスムーズにスクロールしてくれるようになるので、タッチデバイス対応のときは付けるようにします。

他ブラウザにも対応

他のブラウザにも対応するときはjsを使用します。
これはスクロールバーの幅を取得するためです。

以下が例です。

html

<div class="box">
  <div class="box-content" id="scrollBox">
    <!-- コンテンツ -->
  </div>
</div>

css

.box {
  overflow: hidden;
}
.box-content {
  overflow-y: scroll;
  height: 100px;
  -webkit-overflow-scrolling: touch;
  overflow-scrolling: touch;
}

javascript

const scrollBox = document.getElementById("srollBox");
const scrollBar = scrollBox.offsetWidth - scrollBox.clientWidth;
srollBox.style.width = `calc(100% + ${scrollBar}px)`;

webkit系のみ対応のときとは違って、1つ多めに要素を使います。

スクロールしているのは、中のbox-content要素です。

box要素とbox-content要素の関係は以下の通りです。

box要素とbox-content要素の関係

box-content要素がスクロールバー分だけbox要素からはみ出しています。

そしてbox要素にoverflow:hiddenをかけているので、スクロールバー分だけ見えなくなっています。

javascriptではこのスクロールバーの幅を取得して、box-content要素に
width:calc(100% + スクロールバーの幅) のstyleを適用させています。