Google Analytics(以下、GA)のアカウント作成からGoogle Tag Manager(以下、GTM)の設定までの方法をまとめた記事です。

Google Analyticsのアカウント作成

まずGAのアカウント作成からです。

一度もGAアカウントを作ったことがない人は、次の画面になると思います。

「登録」ボタンからアカウントを作っていきます。

まずアカウント名を入れます。WEBサイトのタイトルで問題ないと思います。

私は英数字でアカウント名は入れています。

次はGAを設置するものを選びます。

今回はWEBサイトのみを対象にするので、「ウェブ」を選びます。

次にプロパティを設定します。

これでGAアカウントの作成は完了しました。

次のトラッキングIDはGTMで使用します。

今回はGTMを使用するので、ここのgtag.jsはWEBサイトなどに貼り付ける必要はありません

Google Tag Managerの設定

次はGTMの設定です。

まずGTMのアカウントを作っていきます。

次がアカウントの設定になります。

次に表示されるコードをサイトに貼り付けます。

ここまで来ると、GTMの設定画面になります。

変数の設定

まず初めに、左バーの「変数」をクリックして、変数を設定します。

最初から「タグ」をクリックして設定できますが、今後のことも考えて、まずGAで取得したトラッキングIDの変数を作成します。

「変数」をクリックすると、次のような画面になります。

「ユーザー定義変数」の新規を押して、変数を作成します。

すると、次の画面が表示されます。

「名前のない変数」を変更して、変数名をUA IDにします。(好みのもので問題ないです。)

次に変数の設定をします。

変数のタイプは「Google アナリティクス設定」にして、トラッキングIDにGAで取得したトラッキングIDを入れます。

タグの設定

次にタグの設定をしていきます。

「新規」をクリックして、タグを作成していきます。

今回はGAのページビューを取得するためのタグを設定します。

タグの名前は好きなもので構いませんが、今回は「All Page view」にします。

トリガーは初めからある「All Pages」にします。

タグタイプは「Google アナリティクス: ユニバーサル アナリティクス」を選択します。

すると次のような画面になります。

次に「Google アナリティクス設定」の「設定変数を選択」先程作成した変数{{UA ID}}を選択します。

これでGTMの設定は完了です。

あとはこれを公開すればGAでページビューが取れるようになります。